• 1973年

    資本金300万円にて南信工営株式会社を設立

  • 1977年

    甲府出張所を開設

  • 1983年

    甲府出張所を営業所に昇格

    山梨県での事業規模が拡大してきたことから、営業所へ。

  • 1984年

    松本営業所を開設(松本市笹賀木工団地内)

  • 1985年

    諏訪事務所を開設

  • 1987年

    松本営業所を一時閉鎖

  • 1988年

    本社社屋新築移転

    本社
  • 1990年

    資本金を600万円に増資

  • 1992年

    甲府営業所を甲府支店に昇格・甲府支店社屋を新築

    甲府支店イメージ
  • 1993年

    伊那市下水道工事指定工事店認可取得

  • 1995年

    竹松寿明代表取締役 社長就任

    メイプルホーム設立、松本支店を再開、諏訪事務所を諏訪支店に昇格

  • 1996年

    資本金を2000万円に増資

  • 2000年

    倫理法人会入会

    松本支店閉鎖(本社に統合)

  • 2001年

    直販事業部発足・日創研研修開始

    ISO9001認定取得

    工事品質の向上のため、ISO取得に取り組み、この年に取得しました。

  • 2003年

    環境事業立上げ

  • 2005年

    メイプルホーム閉鎖

    アダプトシステム協定(伊那市)

    伊那市うるおいの郷づくりふれあい事業(アダプトシステム)の活動に参画しました。
    アダプトシステムとは

    アダプトシステム調印式
  • 2011年

    金属事業部発足

  • 2015年

    市川修次代表取締役 社長就任

  • 2022年

    笹川美郎代表取締役 社長就任

創業秘話

南信工営という名前

南信工営という名前の「工営」は“工事”が先で“営業”が後になっています。

創業者である“小澤一”会長が亡くなるその朝、私たちは枕元に呼ばれました。 会長は、1〜2分ほどすると「行け」というように手を振りました。後になって判るのですが、 苦しい最中、会長はその日に「現場に行け」という言葉を書き残したのでした。「行け」という手振りは「現場に行け」という意味だったのです。心底から現場を大切にしたのが創業者の“小澤一”だったのです。だから、南信工営という社名は、創業者の想いの詰まった 「創業の想い」 そのものであると云えます。

わが社は同族経営ではない

二代目社長は“竹松”元会長、私は三代目となります。私は昭和58年に入社、入社当時から社長をめざしていた訳でもなく、 平成19年に社長となるまで、 社長になるなどとは思ってもいませんでした。よく「なぜ社長になったのか」と考えるのですが、 「何でもやらせてもらった」ことが礎になったということだと思います。工事管理から営業へ、営業もルートセールスから住宅業、それから財務、資金繰り……と、わが社の仕事のほとんど全てを経験してきました。挫折も味わいました。工事部長から営業の一担当となりましたが、 受注実績は思うように上がらず、 飛び込み営業も行いましたが営業会議は「針のムシロ」。営業目標未達成の悲哀を嫌というほど味わいました。そして、極めつけは子会社の失敗。 「失敗は許されない」という意気込みで取り組んだのですが結果は失敗。 「おめおめと親会社に帰れるか、 帰れば生き恥をさらす」 と密かに想いを固めていたのですが、 「本社に来て資金繰りをやれ」 との意外な指示を受けることとなりました。すると、今度は「南信工営は訳の判らん市川が“資金繰り”をやるからつぶれるかもしれない」などと人から言われ、毎朝眠れずに家の廻りをウロウロする日が続きました。(「散歩」という人もいるのですが……)また、いつも問題ばかり抱えていました。工事担当の時は、現場が間に合わずに元請に怒られ、クレームで怒鳴られ、営業では言葉が足りずに怒られ、一言多すぎて誤解され、 財務では何がなんだか判らず恥のかきっぱなし……。 しかし、いつも 「今までにこんな大きな問題を経験した事はあったのかなあ」と思いながら一所懸命取り組んできました。こんなところが私が社長になった 「いきさつ(?)」 だと思うのですが、こう整理してみると、結局たいした事をやって社長になったのではありません。 わが社は誰でも社長になれるのであり、それがわが社の大きな特徴のひとつなのです。

顧問 市川 修次