本文へ移動

会社概要

経営理念

我が社の「売り物」を磨き続け
 地域社会に安心と喜びを提供する。
(以て会社の繁栄と社員さん、お取引先の皆様に物心両面の豊かさを提供し続けます)

我が社の「売り物」は
『一人ひとりが創り出した企業の魅力』です。

三つの精神

・感謝
 私達は、全てのものに感謝し、誠実をもって取り組みます。
・挑戦
  私達は、目標を明確にし、積極果敢に挑戦し続けます。
・成長
  私達は、共学の精神をもって、地域社会に必要とされる企業、人となります。

営業理念

☆「売り込む」とか「他社との競争に勝つ」ための営業という発想ではなく、お客様が描いている
  「夢」・「要求」・「悩み」や「問題意識」を共有し、 わが社が培った技術や知識・経験等を
  提供して一緒に解決する。こんなお客様との効果的なコミュニケーションを創り出していく。

☆ 自社・自分自身の「こだわり」や「わがまま」が、お客様に「共感」を得た時、ここに「価値観」
  を共有することができるのです。

社長あいさつ

・南信工営という名前

南信工営という名前の「工営」は“工事”が先で“営業”が後になっています。

 創業者である“小澤一”会長が亡くなるその朝、私たちは枕元に呼ばれました。 会長は、1〜2分ほどすると「行け」というように手を振りました。後になって判るのですが、 苦しい最中、会長はその日に「現場に行け」という言葉を書き残したのでした。「行け」という手振りは「現場に行け」という意味だったのです。心底から現場を大切にしたのが創業者の“小澤一”だったのです。だから、南信工営という社名は、創業者の想いの詰まった 「創業の想い」 そのものであると云えます。

・わが社は同族経営ではない

 二代目社長は“竹松”現会長、私は三代目となります。私は昭和58年に入社、入社当時から社長をめざしていた訳でもなく、 平成19年に社長となるまで、 社長になるなどとは思ってもいませんでした。よく「なぜ社長になったのか」と考えるのですが、 「何でもやらせてもらった」ことが礎になったということだと思います。工事管理から営業へ、営業もルートセールスから住宅業、それから財務、資金繰り……と、わが社の仕事のほとんど全てを経験してきました。挫折も味わいました。工事部長から営業の一担当となりましたが、 受注実績は思うように上がらず、 飛び込み営業も行いましたが営業会議は「針のムシロ」。営業目標未達成の悲哀を嫌というほど味わいました。そして、極めつけは子会社の失敗。 「失敗は許されない」という意気込みで取り組んだのですが結果は失敗。 「おめおめと親会社に帰れるか、 帰れば生き恥をさらす」 と密かに想いを固めていたのですが、 「本社に来て資金繰りをやれ」 との意外な指示を受けることとなりました。すると、今度は「南信工営は訳の判らん市川が“資金繰り”をやるからつぶれるかもしれない」などと人から言われ、毎朝眠れずに家の廻りをウロウロする日が続きました。(「散歩」という人もいるのですが……)また、いつも問題ばかり抱えていました。工事担当の時は、現場が間に合わずに元請に怒られ、クレームで怒鳴られ、営業では言葉が足りずに怒られ、一言多すぎて誤解され、 財務では何がなんだか判らず恥のかきっぱなし……。 しかし、いつも 「今までにこんな大きな問題を経験した事はあったのかなあ」と思いながら一所懸命取り組んできました。こんなところが私が社長になった 「いきさつ(?)」 だと思うのですが、こう整理してみると、結局たいした事をやって社長になったのではありません。 わが社は誰でも社長になれるのであり、それがわが社の大きな特徴のひとつなのです。


・今の世の中はおもしろい

 今の社会、特に経済状況は厳しい。そのせいか、最近まで折に触れ廻りの人から「よくまあ、こんな時に社長を…?」と言われます。 「それもそうだ」と思うのですが、「本当にそうかなあ?」とも思います。苦しいから必死になる。必死になって考えて「これ以上、何をやれっていうんだ」 と思うほどのことをやる。そうすると、 今
までの自分ではやれなかったようなことでも意外と簡単にやっていたりします。 そして、案 外悪い結果とはなっていなかったりするもんです。 いや、悪い結果であっても 「これで良い」と納得できたりするものです。「薄氷を踏む思い」 というのはこんなもんかと思うのですが、
そんな事も社長をやっていないと経験できないんだから “ありがたい”ことです。だから、今の世の中は “おもしろい” と思うのです。

社長 市川 修次

企業情報

会社名
南信工営株式会社
本社
長野県伊那市西春近2547
諏訪支店
長野県茅野市ちの243-3 宗和ビル1F
甲府支店
山梨県南アルプス市藤田2287
会社設立
1973年4月5日
許可
(特−31)第5998号 ○建築工事業 ○とび・土工工事業 ○防水工事業 ○屋根工事業 ○タイル・れんが・ブロック工事業 ○塗装工事業 ○建具工事業
決算期
3月31日(年1回)
従業員
36名(2021年7月7日現在)
取引銀行
アルプス中央信用金庫 春近支店 / 八十二銀行 伊那支店 / 長野銀行 伊那支店

会社外観(本社)

■諏訪支店

<杖突峠より諏訪湖を望む>
<杖突峠より諏訪湖を望む>
諏訪湖を臨む景観豊かな土地で観光と精密工業を中心に発展してきた諏訪地域。そこでALCパネルの施工販店として力をつけ現在は外装全般の工事を手がけている。諏訪支店のモットーは、「現場から学び、信頼を得る」。7年ごとに執り行われる御柱際の勇猛さにあやかり、何事にも正面から支店全員が一丸となって突き進む所存です。
武井祐一郎

■甲府支店

<甲府支店 社屋>
<甲府支店 社屋>
山梨の地に根を下ろし、早30年になります。地域密着をめざして地場のお客様や地域へのお役立ちを目標に日夜励んでおります。これからも地域密着をめざし明るく元気な会社作りに取り組んでまいりますので、尚一層の御愛顧をお願いいたします。
 専務取締役/甲府支店長 河西 俊英

交通アクセス

 〒399-4431 長野県伊那市西春近2547

健康宣言

社員の健康を会社経営の源泉と考え、その家族に対しても健康増進に積極的に取り組み、
全社員がイキイキと働き、また、社会貢献活動にも積極的に参加し、
地域社会と共に成長していくことを目指します。

南信工営株式会社
■本  社
〒399-4431
長野県伊那市西春近2547
TEL.0265-72-1212
FAX.0265-73-6834
─────────────
■諏訪支店

〒391-0001
長野県茅野市ちの243-3
TEL.0266-82-1210
FAX.0266-82-1244
─────────────
■甲府支店

〒400-0334
山梨県南アルプス市藤田2287
TEL.055-284-1114
FAX.055-284-1116
─────────────

2
0
7
2
7
TOPへ戻る